読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Be Extraordinary In Your Life

「智慧を持つ者に道は明らかなり。光の王国の扉は開かる。」

AI/ Artificial Intelligence/「人工知能はどこまで進化するのか?」

 

f:id:rabbitinthemoon:20141203183613j:plain

スティーブン・ホーキング博士が、「我々がすでに手にしている原始的な人工知能は、極めて有用であることが明らかになっている。だが、完全な人工知能の開発は人類の終わりをもたらす可能性がある。」と、映画「ターミネーター」の様な事を警告した。

 

f:id:rabbitinthemoon:20141203184135j:plain

ソフトバンク孫正義もロボット産業に熱を入れている。

 

 

 

f:id:rabbitinthemoon:20141203184233j:plain

iphoneについているSiriのように、話しかけるとランダムに登録された内容に関してあらかじめ登録されたプログラミングの結果の質問の答えを返答するのではなく、AIが進化すると自分で物事を考え判断して、答えるようになる。

真面目な人間話すより、ユーモアのあるウィットに富んだロボットと話すことも未来では夢ではない。

 

知性や問題解決、言語の認識などが必要となる人間の活動も、コンピュータープログラミングによるシュミレートさえできれば、実現化される。

 

 

ただ、これは実際には失敗する。

 

過去に、超極秘プロジェクト「J-TYPE OMEGA」という実験をアメリカ国防総省が行ったが、途中で中止されてしまった。

Artificial-intelligence human being, "J-Type Omega", as part of Project SENTINEL, an effort to create a superbright, superpowerful soldier who would follow orders without fear or question. The J-Type clone was terminated, because he would not follow an order to kill an innocent dog.

 

理由はクローンで出来たソルジャーに対して、動物を殺すように命令したが、

その命令にそむいたのが理由だ。つまり、アンドロイドに「良心」が芽生えた。

 

f:id:rabbitinthemoon:20141203195215j:plain

すべては、「機械的に考えることができるか」その枠を超える知能をアンドロイドが持ち始めると、映画「ブレード・ランナー」のように人間に「牙」剥くことが証明されたのだ。

 

 

 

いずれ、何が可能で何が不可能かわかるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

in the light....